巷でのフィットちゃんランドセルの評判は本当?

お子さんが小学校を卒業した際に悩むのが進学すると使わなくなるランドセルの処分です。

捨ててしまう、人にあげるという人も依然多いですが財布やパスケースにリメイクすることがここ数年、人気になっています。

ランドセルは小学校在学中の長期間使うことを前提としているため撥水性や耐久性が良いので6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているから捨てられずかと言って押入れに入れておいても邪魔になってしまいます。

形を変えて使い続けることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

形を変えて使えることができるリメイクサービスの人気が上がっているようです。

小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる方が大半なのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子はほぼ選択肢がなかったですが最近では様々な色や種類が登場しています。

では、もう定番の色は人気ないの?と考えてしまう方もいると思いますが未だに人気はあります。

確かにここ数年、緑系やピンク系が25%と1番人気ですが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンや光沢が変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色という選択肢も全然アリですよ。

皆さんがランドセルを子供に買おうと思ったらどこで買いますか?ほとんどの方が近くのスーパーや百貨店へ行くと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場へ行って現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重量はわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや色などがわかりにくく6年間の使用に耐えることができるか確認する必要があるからです。

他にも、金具部分のデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと数が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

スマホが普及して何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考にして決めた結果、後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びでも一緒です。

ラン活を初めて行う際はわからないことだらけで評判が良いものを探しがちになります。

ただ、実際に売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製造工場はどこかといった売り場に並ぶまでの情報と言われています。

また、口コミを参考にしようとしてもメーカーは数十社もあり、何を選べば良いか逆に迷ってしまうという話も聞きます。

一番簡単な選択方法としては最初にメーカーを決めてしまうことです。

例えば、自社製造している天使のはねのセイバンやフィットちゃんのハシモトなんかは質が安定して高いです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている光景が夏の風物詩といってもいい状態になってきましたね。

ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったデザイン」でも良いのですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが大きくなってそのまま気にいるかはわかりません。

同様にそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるオーソドックスな黒赤、ブラウンといった色を選ぶ方が多いようです。

みなさんが小学生の時に通学する際のカバンは何を使っていましたか?ほとんどの方が黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではリュックを使っている子供やランドセル本体のカラーが増えてきており見た目にこだわる親も増えているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルを汚さないためにランドセルカバーが売れてきています。

男女ともに人気なのはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのカバーやワンポイントデザインのあるものも人気のようです。

他の人とデザイン被りしないものが欲しい方はハンドメイドマーケットサービスで探してみても良さそうです。

ラン活をするにあたって百貨店の売り場などに出かけると思います。

ラン活の際にいくつか注意したい点があるので確認しておきましょう。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや一例として入学予定の小学校は色やデザインの指定がないかや店頭に行った際に注意したいのが丈夫さや軽さです。

ここでいう軽さの意味はランドセル本体の重量ではなく背負った時の体感重量が軽いかということを言います。

背負った時のフィッテイング感などから軽いと感じるかということを指します。

6年間の修理保証がついていると安心できますね。

万が一壊れてしまったときに修理してくれるので安心できますね。

背負った時の体感重量のことを言います。

6年間の修理保証がついていると安心できますね。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという店頭に行った際の確認事項は丈夫さや軽さです。

他にも6年間の修理保証がついていると皆さんは小学校へ通学する際にどんなバッグで行っていましたか?多くの人がランドセルだったと思います。

親になり自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに色々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

選び方を悩んだら他の家庭ではどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例えば、購入時のアンケートではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら何を重視するかというという実際の感想から聞くアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

このアンケートからは色はあまり関係ないことがわかりました。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、といったことなどです。

今では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

ランドセルを購入するとしたら何を重視するかというアンケートでは選び方がわからないときは他の方が重視していた面を参考にしましょう。

自分の子供や孫が小学校へ入学するからとラン活を始めると暑くなって来て本格的に「ラン活」の時期になって来ましたね。

ラン活とは来年入学の子供が使うランドセルを探して購入する活動のことです。

ラン活を始めるに際して気になるのは値段の相場です。

1番人気の価格帯は4万円台となっており約7割の人が3万円台~5万円台を選んでいます。

世の中には1万円台の製品もあるようですが6年間使い続けるということを考えると相場より安いものだと気持ち的には不安に思ってしまいますよね。

小学校卒業後に財布やパスケースなど生活環境に合わせてやはり3万円以上のものの方が丈夫で壊れにくいようです。

ここ何年か、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設販売コーナーを行っているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を見て気に入ってもすでに予約終了している可能性もあります。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数限定なため工房系の製品を狙っている場合は早くラン活をしている傾向のようです。

工房系の製品は通販限定で売っていることも多くできれば実物をチェックしておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っている早いうちから情報を集め合同展示会などを利用してみてはいかがでしょうか。

最近の夏は来年小学校に入学する子供のためのランドセル探しのピークになる時期になりました。

おそらく最初はインターネットで値段をチェックする方も多いと思いますが意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年度に入学した子供のクラリーノを使ったランドセルの平均価格は45000円以上だったようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応が主流になり容量が大きくなったので使う材料が増えていることや丈夫なものが欲しいという要望からより丈夫な素材を選ぶためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

夏休みも近くなり、ラン活も本格的になる時期になりました。

ネット上の調査によると7月~10月がピークとも言われていますが人気上位の工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

参照:http://www.motomessut.com/reason/taikendan.html

なので工房系やフィットちゃんなどのブランドランドセルを考えている場合は早いうちから情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的にオススメの購入時期は年末年始のタイミングです。

年末の決算で安く買える場合もあり、入学3ヶ月前ならそこまで急激に体型も変わることもないので体に合ったものが選びやすいからです。

この前、私用でランドセルについてネットで調べていたらアディダスなどのブランドロゴが付いたランドセルがあるんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の特徴を詳しく調べると自社製造というわけではなく日本のメーカーへ製造委託しているようです。

低学年の頃など少々手荒く扱ってしまう時期に傷がつきにくくお手入れが簡単なようです。

反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

採用されているので思い教科書の負担が減り徹底して使いやすさにこだわっているようです。