住宅ローン借換で何をすべき?

住宅ローンの借換をすると、今までより金利が下がり毎月の負担額が少額になります。
これをただ単に家計の節約になったと喜んで、車を買ったりして他の支出を増やしてしまったら借換のメリットは半減します。
負担額が減った分は、毎月繰り上げ返済することで、少しでも完済までの期間を短縮することが必要です。
将来給料が減ったり、子供の学費などが必要になった時には、繰り上げ返済をやめればいいのです。
住宅ローンの借換は利息の軽減が目的ですが、それとともに毎月の支払額を減らすことで万が一の事態に備えることも目的なのです。
そして、その万が一に対応するため、できるだけ余裕があるうちに住宅ローンの返済をしていくことが大切です。
住宅ローンもおまとめできる?借り換えメリット!【審査でおすすめは?】