おすすめの教育ローンとは?

求障権とは、債務者の債務を弁済した人が、当事者である債務者に対して償還請求をする権利のことです。
一般的には連帯保証人がこの権利を有しています。
求障権には消滅時効があります。
商行為の保証委託による保証人の求障権は、債務者の弁済などの免責行為を行った時を起算点にして5年です。
保証会社は個人債務者に代わってローンを返済することにより、求障権を有するようになります。
中小企業が保証協会の保証の付いたビジネスローンの返済ができなくなった場合も、信用保証会社は代位弁済を行って、その企業に対する求障権を持つようになります。
求障権によって信用保証会社が銀行などに代わって債務者にローンの返済などを請求できるようになるのです。