AGA遺伝子検査キットって何をするものなの?

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人は爆笑問題のお二人でしたよね。

爆笑問題がCM中に歌っていた「お医者さんに相談だ~」という歌は薄毛の悩みという暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このコマーシャルのおかげでAGA治療も一般的になりAGAの治療中と公言している芸能人の方も増えましたよね。

俳優さんやロックシンガーの方が育毛剤などのCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出すハードルはかなり下がったと思います。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、全然効果ないじゃんと思われてしまうのかもしれませんね。

AGAは遺伝により大きな影響を受けますから根本的に完治できるということはありません。

AGAを発症する人は遺伝子によって決まってしまうので遺伝子を操作しない限り、AGAは一生モノなのです。

つまり、AGA治療をやめてしまえば再び抜毛や薄毛は再開してしまいます。

しかしながら、AGA治療で使われるプロペシアやミノキシジルは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

飲み薬であるプロペシアは肝機能障害などの副作用がありますので結婚などのタイミングがやめどきかもしれません。

インターネットでAGAについて検索してみると画像付きの経過報告を公開しているサイトが出てきます。

一般的に治療を開始してから3ヶ月程度で効果が表れ始めるようで定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過とともに治療費や薬、体験談などを紹介しているサイトもあるので参考になります。

AGA治療を開始すると、初期脱毛などが起きたりするので体験談などが記載されていると安心できますね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いみたいですからそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いという事かもしれません。

AGAというのはDHTと呼ばれる男性ホルモンが影響して髪の毛の成長期が短縮されることにより発症します。

AGAになると髪の毛が十分に発達する前に脱毛してしまうので髪が細くなって短い毛ばかりが残るため薄毛が目立っていきます。

AGA治療はプロペシアと呼ばれる内服薬を使いDHTの生成を抑止することで薄毛を治療していきます。

プロペシアのほかにはミノキシジルという外用薬で頭皮の血行を促進させ細胞分裂を活性化させるという治療法もあります。

2つの治療方法を併用することは可能ですが健康保険適用外なので治療費が結構がかかってしまうのが難点です。

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に効果的な数少ない薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるのでプロペシアを使う前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も重いものは肝機能障害ですが障害の有無については血液検査で確認できますので使用前後の変化を調べることが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査数値に変化がみられる場合もあります。

他には男性でも乳癌を発症したりアレルギーや鬱病などといった副作用の可能性も危惧されています。

AGA治療を始めたいのだけれど何科で診てくれるのか分からないという人もいますよね。

AGA治療は基本的に投薬治療なので内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

しかし、病院によってはプロペシアの処方を行っていないところもあるので受診の前に確認しておくことをおすすめします。

又、一般病院のお医者さんというは、薄毛治療が専門というわけではないのでAGA専門の病院へ行った方が間違いはありません。

中には、効果が高まるよう独自調合しているクリニックやメソセラピー治療を受けられるクリニックなどもあります。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい有効性が認められている治療薬を処方してもらいましょう。

保険の適用外なので実費となりますが市販されている薬よりはるかに効き目があります。

効果は高くても副作用が心配で...という人にはミノキシジルという薬がオススメです。

プロペシアと同様にミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められているので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには外用と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは外用だけとなっています。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質が大きな要因となります。

AGA治療は症状を食い止めたり改善するだけの対症療法なので根本的に完治はありません。

ですから、AGA治療を一旦止めてしまうと再び脱毛や薄毛が進行していくことになります。

とはいえ、AGA治療薬も医薬品のため副作用の可能性は否定できませんので一生使い続けるというのも心配がありますしお金もずっとかかることになります。

ですから、ある程度の所まで発毛して薄毛が改善したらAGA治療を途中でやめるという決断をするのも1つの方法です。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりも皮膚科のドクターに診てもらうことをおすすめします。

引用:【AGA遺伝子検査キット】同封書類の確認と内容の解説

皮膚科で処方される薬は医薬品なのでドラッグストアで扱っている医薬部外品よりも高い効き目が期待できます。

処方薬は保険非適用なので市販薬より高価ですが効果の薄い育毛剤を長く使い続けるよりは結果が出ます。

又、薬だけではなく日常生活でも頭皮ケアをすることによってさらに効果が上がるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、食生活を見直してみるのも効果的です。

AGAとは何かご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで成人男性に現れる髪の毛が薄くなってしまう症状のことを指します。

薄毛や脱毛というのは昔から男性を悩ませる種だったと見えて世間には数多くの養毛剤や育毛剤が氾濫しています。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが医療費は保険が使えない自己負担診療になります。

とはいえ、医師がAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

しかし、AGA治療とは対処療法ということになりますので、治療を中止してしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGAとは成人した男性に見られる脱毛症のことで女性で発症することはありません。

脱毛してしまう原因は男性ホルモンが起因しているとして治療薬には男性ホルモンを抑える薬を使います。

AGA治療薬にはプロペシアが使用されますが、この薬品はジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することで効果を発揮します。

AGAの脱毛箇所にはDHTが高濃度に存在していることがわかっておりこの成分がヘアサイクルの成長期を短くしてしまうものだと考えられます。

成長期が短いと髪が十分に発育する前に抜けてしまうので髪全体に細く短い毛が多くなって薄毛が目立つようになるのです。

AGA治療にはプロペシアという飲み薬やミノキシジルという塗り薬が使われます。

プロペシアは病院を受診して処方箋をもらわないと手に入れることができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医師の診察は不要なので病院へ行かなくても買う事ができます。

ミノキシジルにはプロペシアと同様に飲み薬もありますが日本でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが品質や安全面を考えると決してお勧めすることはできません。

AGA治療に励むのであれば毎日の食生活にも気を付ける必要があります。

毎日忙しくてファストフードやコンビニ弁当では栄養が偏ったり塩分が多くて血行不良になってしまいます。

日頃から髪の素になるビタミンやタンパク質をしっかり撮ることを心がけ亜鉛もしっかり摂ることで抜け毛や白髪の予防をしていくことが大切です。

タンパク質はタマゴや乳製品などに亜鉛は牡蠣やレバーなどに多く含まれています。

また、緑茶に含まれるカテキンには血圧の上昇を抑制してくれる効果だけでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療は保険が適用されませんので費用は100%自己負担になります。

日本でAGA治療が開始された当初、治療薬は万有製薬のプロペシアしかなく1ヶ月で1万円近くの費用がかかりました。

保険適用外の医薬品はドラッグストアで売っている市販薬と同じ扱いなので価格は販売店に任されています。

ですから、処方箋薬局で購入する薬品でも価格差があり処方箋薬局によって、数千円の開きがあることもありました。

また、処方箋を出してもらうためには診察を受けなければいけませんので再診料や診察料もかかることも忘れないで下さい。

AGA治療は保険適用外の自由診療なので医療費は100%自腹になります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で3 000円程度の診察料がかかります。

更に万有製薬の公表価格ではプロペシアが1錠250円ですから1ヶ月で1万円を超える治療費がかかることになります。

ミノキシジルは育毛剤にも使われる医薬部外品なので薬剤師がいる薬局なら誰でも買う事ができます。

ミノキシジルを5%配合している市販の育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額程度の高価格な出費になります。